60日で土に戻るバッグ『60BAGS』

60BAGSとは?

ポーランドで生まれた環境にやさしいパッケージ。

60日で土に戻るバッグ

このバッグは、亜麻を元にした繊維を化学的に接着させて布にした不織布で出来ています。その革新的な製造方法により、通常分解されるまでに500年はかかると言われている塩化ビニール性の袋に対し、この『60BAGS』は、たった60日で完全分解される、環境に優れたバッグとなっています。

アマ(亜麻、学名:Linum usitatissimum)は、アマ科の一年草。ヌメゴマ(滑胡麻)、一年亜麻、アカゴマなどの異称もある。園芸用の品種には多年草がある。原産地はカフカス地方から中東にかけての一帯とされる。古代から中東やユーラシア大陸西域で栽培され、現在は各大陸で栽培される。日本では冷涼な気候の北海道のみが栽培適地である。


出展:60bag.com

さまざまな形状

60BAGS自体は、60日で分解できる素材を使ったバッグを提供する会社の主商品の名称です。提供される形状としては、大きく4種類のデザインを用意。サイズ違いで各2種類あり、全体では8種類から形状を選ぶことができます。

環境問題が取りだたされる現在、どの企業でも環境に対する姿勢を求められます。
この60BAGSは、そんな環境にやさしいライフスタイルをサポートする企業にとって大きなアピールにもなります。



出展:60bag.com

デザイン性も

環境性以外にも、独自の素材感がパッケージ全体におしゃれな風合いを出しているので、自然とロゴが際立つところもいい感じですね。
LOGOのプリントに関しては、通常の60BAG.COM のロゴ以外にも、お客様の企業ブランドロゴなどの独自のデザインでのプリント注文も可能。デフォルトのデザインもとてもおしゃれなので、あえてそのまま利用することで環境アピールをするのもいいのかもしれませんね。

60日で土にかえるバッグ_拡大
出展:60bag.com

ロゴに対する考察

ロゴに関しては、とても遊んだ配置になっています。まとまりがあるのかないのか?といった感じのロゴですが、ラインを引いてまとまり感を調べてみると、まとまりを出しているのもわかります。
60-bag-design

個人的には、60の『0』、BAGの『B』、.COMの『O』、その下のコピーテキストの左端が揃っていると、より落ち着きが出るのでは?とも思いますね。

60bags.com

60BAGSのホームページ:http://www.60bag.com/
現在この60BAGSは、ポーランドでしか製造ができません。オフィシャルサイトで発注し空輸する形でしか入手できないため、日本国内で利用したい場合は、コスト面が少しネックになりそうですね。