サッポロ 空模様

サッポロ 空模様

2014年4月にエビスビールなどで有名なサッポロから発売された「空模様」。エビスビールのイメージからは想像もつかなかったサッポロの新たな一面です。

「空模様」シリーズ

全3種類あるサッポロ空模様シリーズ。ビールとは思えない驚きのおしゃれさです。若い女性をターゲットにした商品であることは間違いなさそうですね。
ネーミングも「流れる雲のヴァイツェン」「陽ざしのピルスナー」「月夜のデュンケル」となにやら素敵ですね。
「ビール」という言葉を使っていないのもポイントなのかなと私は思います。
「ビール」ではなくて「ヴァイツェン」であり、「ピルスナー」であり、「デュンケル」なのです!そこが女子は重要なのです、おしゃれとはそういうことなのです。

デザインについての考察

この爽やかでおしゃれな缶のデザインですが、2015年のグッドデザイン賞を受賞しています。
とってもきれいなデザインをビールで、というのが新しかったのかもしれません。

サッポロ 空模様
出展:空模様 サッポロ

前面に美しい空の写真を使用しているのが最大の特徴です。売り場に並んでいたら目を引きます。
ただただきれいだから、というわけではなく、この空のイメージと、ビールの味のイメージがリンクしています。

流れる雲のヴァイツェン

流れる雲のヴァイツェンは、空の合間を流れる雲のように、ほんのりやさしく、フルーティーに香ります。透き通ったタイプのクリスタルヴァイツェンで、濾過することですっきりとした味わいに仕上げました。小麦を一部使用し、苦みを控えたやさしい口当たり。リラックスして過ごしたい週末の昼下がりにおすすめです。

陽ざしのピルスナー

陽ざしのピルスナーは、太陽のように鮮やかな切れ味。チェコのザーツ産ファインアロマホップを贅沢に使用。飲んだ瞬間口に広がるホップの華やかな香りと、キリッと引き締まるキレが、しっかりとした飲み心地を感じさせます。気の置けない仲間と過ごすひとときにおすすめです。

月夜のデュンケル

月夜のデュンケルは、アロマ立つコクと深みが持ち味。「デュンケル」とはドイツ語で「暗い/闇」の意味で、その名に違わぬ深みのあるダークブラウンの液色。丹念にローストしたカラメル麦芽を使用し、アロマ立つコクと深み、そして朧月のようにやわらかな甘みがあります。自分だけの時間に浸りたいときにおすすめです。

どこまでもきれいにまとめてきますね。
ビールの美味しさがわかっていない私ですが、ここまで言われると美味しそうって思います。

フォントについて


サッポロ 空模様

この商品をおしゃれに見せているのは、オリジナルと思しきこのフォントにもあるのではないでしょうか。
伸ばしたり部品のバランスをいじったりしていて元のフォントを特定するのは難しいですが、この変わってるんだけど変わってない、いい意味で歪な感じは女子が大好きな感じですよね。わたしもまんまと大好きです。
最近の人気フなリーフォントにも、きれいだけど微妙に歪な不完全な感じがかわいい!という傾向はあるように感じています。

サッポロ 空模様

平仮名は見るからに流れるような柔らかさを意識しているなぁと思えますが、漢字もつなぎ目に溜まりをわざと持たせたりとみずみずしさを感じさせる工夫があって芸が細かいです。
カタカナを見ると分かりやすいですが、カウンターはせまく持たせて締りを出しているものとっても素敵です。
このフォント出してほしいです、フリーで。…ぜひともフリーで!

ターゲット目線に合わせたプロモーション

このおしゃれビールをおしゃれに見せるためのインスタグラムアカウントが存在します。
soramoyo_sapporobeer | instagram

ひたすらおしゃれなシチュエーションで撮影した商品の写真が上がっています。
最新の投稿は2017年2月24日!
高頻度の更新とは言えませんが、でもこの商品が発売されたのは2014年の4月…と考えるとすごいですよね。

空模様 | soramoyo_sapporobeer
空模様 | soramoyo_sapporobeer


中を見てみるとかなりハッシュタグも盛り盛りつけています。
これからの季節、ピクニックで買ってみたいな~、あわよくばおしゃれに撮りたいな~と思わせますね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
サッポロのおしゃれビールの紹介でした。
写真もフォントも見せ方もきれいで、こだわりを感じますね。これをデザインした人はとっても素敵な女性なのだろう、と勝手な幻想を抱きました。
ビールに詳しくないので味のレビューはできないですが、きっと女の子も飲みやすい爽やかな感じなのでしょう。
きれいな写真がたくさん載っていますので公式サイトも興味があればどうぞ。

空模様 サッポロビール