アイスクリーム専用スプーン「15.0%」

体温を利用して冷凍庫でカチカチになったアイスクリームもさくっと快適に食べられるスプーン、ちょっと話題になりましたよね。
しかしこれ、SNSで話題になって広まったところがあるのでパッケージの方はあまり知られていないのではないでしょうか。
1枚目の写真を見てピンとこなかった人も、これなら「ああこれね!」となるかもしれません。

15.0%アイスクリームスプーン
出展:ヤマギワオンラインストア

一躍有名になったこの商品の、パッケージについて書いていきます。

15.0%とは

このスプーンについて簡単に説明します。
15.0%は持つ人の体温を伝えやすい素材で作られたスプーンで、かたいアイスクリームを優しく溶かしてすくいやすくするという、アイスクリームを愛する人によって作られた(筆者の推測です。根拠はありません。)アイスクリームを愛する人のためのスプーンです。

15.0%アイスクリームスプーン
出展:15.0%アイスクリームスプーン

わかりやすく赤くなっていますね。公式サイトで紹介されていますが、他社の似たような商品と比べてもこれはすごいみたいです。
使ってみたよ!というレビュー動画やツイート、ブログも多く見つかりました。いいなー。
そしてどうやらこれを使う時はハーゲンダッツで…というのがおきまりなようですね。気持ちはわかります。ハーゲンダッツに最も似合うスプーンだと思います。

デザイナーの寺田尚樹さんによれば、コンセプトは「アイスクリームが大好きな人にもっともっとアイスクリームを大好きになってもらうために立ち上げたプロジェクト。」とのことです。甘党として心動かされるところがあります。

ちなみに15.0%というネーミングはに関しては、

「15.0%」というブランド名は、食品衛生法において「アイスクリーム」の基準として定められている、「乳固形分15.0%以上」というレギュレーションからです。ずいぶん悩みましたが、覚えやすく、かつ「おや?」と思わせるような名前にしたかったのです。「なぜこの名前なんですか?」と聞かれるような、由来に含みがあるものにしました。これは、小数点以下のゼロを表記するところがミソです。
引用:15.0%ブランドサイト

とのことです。思うつぼです。気になりました。かわいいお客さんですね。(?)

デザインについて

パッケージ

15.0%アイスクリームスプーン
出展:かみの工作所

15.0%アイスクリームスプーン
出展:かみの工作所

さて、本題です。こちらがそのパッケージ。
アイスクリームに商品がささっているようなデザインです。
これによって店頭で並んでいたら一目で、間違いなくこれはアイスクリーム用のスプーンである!と分かりますね。
外箱もケーキ屋さんの箱のような外見で、スイーツっぽさを演出しています。
商品の形にくりぬかれた窓がついていて、中にあるアイスクリームに刺さった商品が見えるつくりになっていますね。
全体的にアイスクリームへの愛を感じます。

過剰に包装しすぎでは?と、思いきや、誰かにあげたくなるような、プレゼントとして成立することというコンセプトがあるらしく、なるほど、いわれてみればもうこのままプレゼントできそうです。むしろこれに何かを足したいとか思わないです。強いて言えばアイスクリームを一緒にプレゼントしたい。
デザイナーご本人も「商品単価に対して外装のコストが高めになってしまいましたが…」と言っておられますが、これ以上にプレゼント包装が要らないなら差し引きゼロでいいのでは、と私は思いますね。

内側にある台紙、たぶんケーキ箱風の外箱の中で安定してアイスクリームカップと商品を見せるために必要なものなのでしょうけど、うまく小窓の死角に隠れていますね。
スプーン型の小窓のデザインを考えたのが先か、カップを安定させる台紙を入れるから見せ方は小窓にしよう、となったのかどっちなんだろう。

ロゴマーク

こちらがブランドロゴです。かちっとしたフォントですが角が緩めだったり、丸い部分の丸みは強めだったりと絶妙なバランスですね。
中でも「%」がかなりかわいさ要素を強く出していて、良いバランスになっているのかなぁ。
こういうきっちりきまってるけどかわいいみたいなの、クリエイティブ系の大学生を虜にしてしまうんですよね、で、マネしてみちゃって「あ、思ったよりムズイ」ってなるんですよね。知ったようなこと偉そうに~なんて言わないでください、ただの体験談ですので。

15.0%アイスクリームスプーン
色もただの真っ黒じゃなくてちょっと茶色めにしてあります。冷たい印象にならないようにならないための工夫ですかね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
コンセプトは面白く、でもデザインはきっちりしていて素敵なデザインですね。
おしゃれで、それでいてなんとなくかわいらしい、なんとなく人間味を感じるデザインだなと思います。
どこで売っているかというと私はよく、ナチュラル寄りとかちょっと高級路線の雑貨屋さんで見かけます。百貨店の中に入ってる雑貨屋さんいおいてあるのがおおいですかね。私が甘いもの好きだからというのはあるかもしれませんがやっぱり目を引きますよ。
お値段はたしか3000~4000円くらいだったような…てきとうなこといえないからごまかしちゃいますが、まぁ安くはないです。
でもSNS見てると色々感動があるようです。気になったら買ってみてはいかがでしょうか。