しあわせバナナ

しあわせバナナ

「しあわせバナナ」は、フィリピンの農園で栽培される高級バナナです。
有機肥料の使用や農薬の厳しい使用制限などが徹底されており、味の方もベルギーの優秀味覚賞でバナナとして初めて栄誉ある2つ星を受賞しているそうです。

今回面白いパッケージだなと思って書いているわけですが、まず高級バナナとはいえバナナが紙袋でラッピングされている様子って珍しいと思いませんか?
わたしが庶民だからでしょうか、とりあえずスーパーでは見かけないです。

とはいえ言われなければ高級バナナとは思わないですよね。
それにも理由がありました。「しあわせバナナ」のデザインについて紹介します。

“高級品だからといって豪華なパッケージに入れるのは、環境に配慮したバナナにふさわしくない。”
というのがコンセプトのようです。
これを知ってから見るといいなあとより強く思います。

梱包材・リーフレットは使わず、シールを貼る

しあわせバナナ
出展:nendo

リーフレットや梱包材などはなく、商品であるバナナそのものにシールが貼ってあります。
二枚重ねのシールで、一層目はバナナの皮の材質をリアルに描いたもの。よく見るとなんか貼ってあるな?くらいにしか見えませんね。
バナナの皮柄の一層目をめくるとバナナの身っぽい背景にシンプルに文字だけでバナナの説明が書いてあります。芸が細かいですね。
文章の量も多すぎず、読みたくなる量です。

しあわせバナナ
出展:nendo

しあわせバナナ
出展:nendo

こうしてシールのみで見てみると、結構大きなシールですよね。
撮影用に選んだバナナとはいえ、このサイズなのにバナナの皮に溶け込んでいるの、すごいですね。
あとこのシールの良さをここまで表現できるこのバナナの、「私たちが思い描いているバナナ」への近似値もすごいです。バナナモデル。

バナナの葉っぱ柄の袋

しあわせバナナ
出展:nendo

袋は広げると一枚のバナナの葉っぱ+取っ手に使っている紐のみになります。
バナナの葉っぱモチーフの紙の裏には「しあわせバナナ」の説明が書いてあります。
リーフレットは一切要らないという作りです。環境に配慮したバナナということで、極力資源を使わないよう意識しているのですね。

しあわせバナナ
出展:nendo

個人的にこの袋の内側、リーフレットに書かれるはずだったであろう内容のデザインはとても好きです。
シンプルだけど柔らかく、かわいらしさも感じるデザインです。
モノを増やしてかわいらしさを演出するよりも、少ないモノでかわいらしく見せるデザインに惹かれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
高級バナナ「しあわせバナナ」のパッケージの紹介でした。できるだけモノを作らずに、でもきれいにまとまった素敵なデザインですね。

しあわせバナナ
出展:nendo

商品ロゴも、葉っぱに貼られたシールみたいですね。
かわいらしい書体でシンプルに書かれています。

何層にも楽しめるつくりで面白いですし、なにより味の方も一流だそうなので、バナナ好きな方へのプレゼントに買ってみてはいかがですか?