チョコボールのパッケージ

キョロちゃんカワイイ!

こんにちは!
お菓子が大好きなPACKEYです。
暇があればひとりでお菓子を買いまっくって楽しんでいます!

今回は「キョロちゃん」キャラクターでお馴染みのチョコボールについてのお話です。

出典:森永製菓公式サイト

■購買意欲をそそる「おもちゃのカンヅメ」
誕生して50周年を迎えたチョコボールですが今年は
特別な商品が発売されました。(7月4日)画像左
「金のキョロちゃんチョコボール」
なんと金箔付きのチョコボールも入っているかもしれないというわくわくドキドキ
させる面白商品。 そうそう!チョコボールといえば「おもちゃのカンヅメ」!
金のエンゼル、銀のエンゼルを集めておもちゃがめいっぱい?入ったおもちゃのカンヅメ
を貰おうというわくわく企画で、幸福を手にする満足感で子供たちの心をくぎ付けにしてきたロングセラー商品の代表ですね。
(初期のカンヅメはおもちゃではなく本だったようです。)
これまで40種以上を企画してきたカンヅメですが記念すべき50周年のおもちゃのカンヅメの新企画としては
「しゃべる!金のキョロちゃん缶」!!こちらも金、銀のエンゼルでのもらえる豪華な記念品!

■金のキョロちゃん缶

出典:森永製菓公式サイト

子供たちだけでなく、50年間応援してきた大人たちにも大きなわくわく感、ドキドキ感を与える企画ですねえ!

■キャラクターイメージとパッケージ構造のリンク
そもそもチョコボールのパッケージはチョコ商品をそのまま梱包する裸品包装で、形状もキョロちゃんのくちばしを意識して構成された飛び出し形状。
過去、数回にわたり改良されてこの形状に落ち着いていますが、
誰が見ても「あ~、チョコボールの箱だあ!!」というぐらいに認知された形状。

●初期くちばし67年

出典:森永製菓公式サイト

●改良くちばし69年
出典:森永製菓公式サイト

●改良くちばし74年
出典:森永製菓公式サイト

しかし!しかし!昨年発売された「開かずのチョコボール」は、その認知されたユーザー心理を逆手にとった取り出し口をわからなくした意地悪なパッケージを発売!
おもちゃのカンヅメも、WEBサイトも「開かない!!」をクリエイトした企画は
大きな話題を生んだことを覚えています。
その時のパッケージは2017日本パッケージ大賞(主催)で審査員特別賞を受賞していますね!!

■開かずのパッケージ

出典:森永製菓公式サイト

デザインもキョロちゃんメインビジュアルとした印象に残る独特なパッケージですね。
そういえば、キョロちゃんの顔もどんどん変化していて、時代に合わせてより親しみやすい表情に変化をしています。

■キョロちゃんの歴史

出典:森永製菓公式サイト

地方限定の付加価値展開
そういえば東京駅にある「おかしなおかし屋さん」では
大型のチョコボールが販売されているけど
調べてみると各地の味を活かした地域限定品が存在しているようです!

■地域の味を活かした商品

■おかしなおかし屋さん(東京駅、通天閣)

出典:森永製菓公式サイト

通常のサイズより30倍大きく、パッケージの形状はレギュラー品と同じ「くちばし形状」
こちらに関しては金、銀のエンゼルが出るわくわくドキドキ企画が無いようですが、
お土産として喜ばれる大変な一品、ついつい自分用として買ってしまうほどの安心感があります!
今後、金銀を付けた企画が待ち遠しいものですね!!

まとめ

今年の9月6日はキョロちゃんの日
いろいろなコラボイベントもおこなわれたようですね。
ますます進化するチョコボールとキョロちゃん企画!!
目がはなせませんね!