紙のからくり「カミカラ」のペンギン爆弾

ペーパークラフトの進化系 ペンギン爆弾

3度の飯よりペーパークラフトのHAKASEです。
テレビやネットで話題になっている紙のからくり「カミカラ」という紙のアートをご存じでしょうか?

ペーパークラフトの進化系で紙だけで見る人を楽しませる紙のからくり作品です。そのなかでも代表作といっても過言ではない「ペンギン爆弾」についてご紹介します。


出典:カミカラ

これが「紙のからくりカミカラで遊ぼ!」です。
価格は定価1800円+税でA4サイズの64ページになっております。
この本で作れるペパクラは全部で10種類。ペンギン爆弾の他にもシンデレラのかぼちゃの馬車やかみつくオオカミまで飛んだり、跳ねたり、噛み付いたりいろんな仕掛けがある子供から大人まで大満足の動くペーパークラフトです。
※カミカラオンラインショップでは500円で型紙の販売もしてます。

ペンギン爆弾の作り方

用意するものは型紙と輪ゴムだけでオッケーで
ペンギン爆弾は、自分で型紙を切らなくても、予めミシンで切り抜きしてあるのでハサミを使わなくて良いそうです。
ハサミもボンドも要らないので、子供でもケガをせずに安全に作れます。
※本だと切り抜きされていなのでハサミが必要なので、確認したほうが良いです。

こちらが作り方の動画です。↓

実線は山折り、点線が谷折りで①から順番に差込みを穴に設置してくいくとペンギンの形に仕上がっていきます。
最後に治具を使って輪ゴムをセットして完成です。差し込むと取れない仕組みで強度を強くしたり、山折り・谷折りで
紙の反発性を考えた構造は動くペーパークラフトならではの仕組みですね。
ひねって差し込んだり、反発ある仕組みを作ったりと多少難易度が高いものですが小さいお子様なら親子で
コミュニケーションをとりながら夏休みの課題にしてしまうっていうのもありですね。
YouTubeでの動画もあるので安心です。

ペンギン爆弾の遊び方

遊び方としてはペンギンをぺしゃんこに平たくして地面に落とすだけで一瞬でもとのペンギンの姿にもどるというものです。
地面に着地したときに輪ゴムの反発で紙が伸びる仕組みです。

こちらが遊び方の動画です。

カリスマペーパークラフター中村開己

ここではカミカラの制作者についての紹介します。


出典 jclover.up.n.seesaa.net

中村開己(なかむらはるき)
Haruki Nakamura
自称カリスマペーパークラフター
主に人を楽しませるというコンセプトで作品を作っています。
一度見たら一生忘れられない作品が目標です。
1967年富山県に生まれる。

27才の頃「ペーパークラフトの技法百科」という本を見てペーパークラフトに目覚める。
その後2、3年おきに作ったり作らなかったりを繰り返し、2000年頃本格的に作品の制作を始める。
2003年アートマーケットに出展し、人に受ける楽しさを知り作風が変わる。
僕の作品は細かく言うとペーパーエンジニアリングというジャンルなんですが
あまり日本ではこの言葉が知れ渡っていないので人に聞かれればペーパークラフトをやっていますと答えています。
最初の頃はそれでも僕の作品はペーパーエンジニアリングというジャンルで・・・と説明していたのですが、まあ考えてみるとペーパーエンジニアリングもペーパークラフトの一部なのでそんなに力説しなくてもいいかと思い、最近では作品について詳しく聞かれた時にだけ説明しています。

自称ペーパークラフターというところにひっかかりがちですが、
一度みたら忘れない作品をつくるというところではシンプルにすごい作品が目白押しです。

シンデレラのかぼちゃの馬車↓

かみつくオオカミ↓

桃太郎外伝↓

起き上がりふくろう↓

海外での反応

日本での反響はもちろん海外での話題性もあるみたいでネットでの海外の反応はこちら↓

・どういう仕組みなの?
・↑魔法だ。
・これはハンドスピナーの後任だな。
・OK。どこでこれを買えるの?
・オーマイゴッド!欲しい!
・私は4分くらい混乱してしまったよ。ハハハ。
・この折り紙はクレイジーだな。
・私の誕生日にこれをちょうだい。
・ペンギン司令官!
・凄く幸せそうなペンギンだな。
・これが良い一日にしてくれないとしたら、何が良い一日にしてくれるか分からない。
・子供たちが凄く喜びそうだ。
・どうして私はこれ無しで、今まで生きてこられたのだろう?
・すごく可愛いな。ハハハ。
・この動画には中毒性があると思わないか?
・30分ほど見ているが、いまだに退屈しない。
・未来がやってきた。

とにかく興味深々で、見てて飽きない・ハンドスピナーの後任!などブレイクの予感しかないコメントばかりですね。
どうなってるんだ!とかなんでこうなってるんだ!とか思わせるのも仕組みのタネがわかってるよりも
あえてタネがわかりにくいペーパークラフトのほうが反響があって検索に手が伸びるきっかけになりそうです。

まとめ

日本だけではなく海外にも受け入れられるペーパークラフト。
ペーパークラフトは手先を使う作業なので、小さい子供のためなら知育・ご高齢の方が認知症予防のためなど
オブジェとして使用するだけではなく、人の成長や健康に携われるものになってきていると思われます。
ただ見てておもしろい・楽しいものではなく、どんな人にも優しいペーパークラフトとなっていってほしいものです。