「Nintendo Switch」と合体して遊べる段ボール製の工作キット

「Nintendo Labo」

任天堂ゲームソフトにはいろいろお世話になっておりますHAKASEです。
昔はファミコンでコントローラーのコードが邪魔で仕方がなかった時代がありましたが、
現代ではコードレスで2人以上が参加できるコンパクトなさまざまなゲームソフトが発売されていますよね。

今回はそのゲーム機本体(「Nintendo Switch」)と合体させて遊べる段ボール製の工作キット
「Nintendo Labo」をご紹介したいと思います。
本来、ハードのみでゲームを楽しんでいた私たちですが工作キットと組み合わせてゲームをするということがいまいち
想像つかないと思います。現代でこの考え方をするのか~!っと言ってしまうほどかなり攻めた商品になっています。

こちらが「Nintendo Labo」の左が「バラエティキット」、右が「ロボキット」↓

出典:TechCrunch

「バラエティキット」の工作キット↓

出典:Hatena Blog

「ロボキット」の工作キット↓

出典:Hatena Blog

概要としてはToy-Conと呼ばれる段ボールと紐を素材としたコントローラーを自分自身で組み立て、それにスイッチ本体とJoy-Conをセットして新しいあそびが体験できる。初報映像では段ボールでピアノを組み立てて演奏したり、釣り竿やバイクのハンドルを組み立てたり、背中に背負って自分の動きと連動してゲーム画面のロボットを動かすといったあそびが公開された。段ボールなので自由に色を塗ったりシールを貼ったりなどデコレーションも可能。
公式サイトによると自分でコントローラーを組み立てるのでどういう風に動いているかの仕組みがわかり、さらに自分自身で新しいあそびを発明できる、と謳っている。
2018年4月20日には「バラエティキット」「ロボキット」の二つが発売予定。同日にマスキングテープやシールなどの「デコるセット」も発売予定。『Nintendo Labo』は、「つくる、あそぶ、わかる」という新しいコンセプトをもとに開発された、あそびの発明キット。あそんでいるだけでいつの間にか、あそびの発明家になれちゃうかもしれません。


出典:ゲー道部Z


出典:市況かぶ全力2階建

デジタルとアナログを組合わせた新しい発想で「Nintendo Switch」の為に開発した知育玩具でもあるといえます。
段ボールであるため、指示どうりにつくってみるのもありですし、工作好きならば組み立てに工夫を凝らしたり、色を塗ったりシールを貼ったりすることで
自分オリジナルのおもちゃができて段ボールならではの拡張性があるおもちゃが作れます。これは日本独自の工作文化を生かした良い商品といえます。
枯れた技術(段ボール)を使って単価を安く抑え、さらに付加価値をつけていくところはさすがです。
あそび自体に任天堂のテレビゲームのノウハウやおもちゃの技術を取り入れているので新しい市場、売り場を狙える製品になっていきそうです。

こちらが「Nintendo Labo」初公開映像です↓

「Nintendo Labo」を生んだ段ボールメーカー

このアイデア商品を生んだのは大村紙業という段ボールメーカーです。
大村紙業は神奈川県茅ケ崎市に本社を置く、段ボール製品メーカーです。仙台から大阪にかけて、自動化した小ロット対応型の工場を展開しています。

Nintendo Swichの人気により、任天堂が『Nintendo Labo』を発表した1月18日から、東京株式市場では連想買いから、段ボールメーカーの大村紙業(東証JASDAQ)が急上昇しているそうです。上昇したのは「大村紙業」だけではなく、ダンボール製造を行う大手の「レンゴー」や「王子ホールディングス」なども上昇したとのことです。

まとめ

ゲームをすると目が悪くなるし、学業の邪魔になるイメージでしたが、「Nintendo Labo」のようにキットを組み立てる知育方面へ攻めることでゲームアレルギーであった世間の考え方を払拭できるかもしれないそんな商品ですね。VRやARがもてはやされてる世の中でこんな方向でハードの可搬性を活かしてくるところや組み立てないとゲームができないという手間をお客様にさせるというネガティブ要素を知育機能に振ることでポジティブ要素に変えてくる任天堂は改めてすごいな~と思いました。
Nintendo Swichの売り上げは国内で販売台数も300万台(2018年12月)を突破して、「Nintendo Labo」にかかる期待は大きくなっているのは間違いないでしょう。