第1回手持ちの日本酒パッケージ選手権〜中盤戦〜

第1回手持ちの日本酒パッケージ選手権〜中盤戦〜

さて、試合もいよいよ中盤戦です。

前回までの実況はこちらでございます。

『五橋』選手『越乃寒梅 無垢』選手の2本を開封し実況しました。

第1回手持ちの日本酒パッケージ選手権〜前半戦〜

レースの中盤というのは、いつでもドラマがつきものです。

今まで知らなかった意外な一本が、優勝争いに食い込むことがあります。

ここで、今大会の穴馬ともいうべき一本を開封していきたいと思います。

その名も、

ダークホース『碧海野』(おうみの)選手。

純米大吟醸『碧海野』
日本酒純米大吟醸『碧海野』

いかがでしょうか、黒で統一された品のあるパッケージです。

本大会のために愛知県安城市の神杉酒造からお越しです。

http://www.kamisugi.co.jp/

黒の背景に少し明るい黒で銘柄を記すところは、控えめでかつ、深みのあるイメージを与えます。

黒に少し明るい黒を重ねることで、黒光りを表現しているのかと直感で感じさせます。

もし馬なら強そう!と誰もが思うことでしょう。

 

左上の人参色のテープはマスキングテープのような素材です。

剥がれましたので、さも剥がしていないかのように貼り直しました。

右下の金色の「おうみの」という烙印が黒との対比で非常にわかりやすく光っております。

触ってみると金の部分がへこんでいます。
さて、この黒に黒を重ねるパッケージですが、意味を調べてみました。

新潟県朝日酒造『久保田』を例に解説していきます。

日本酒『久保田』
日本酒『久保田』

ロゴをみると分かりますが、GOOD DESIGN AWARD2018でベスト100に選ばれております。

http://www.g-mark.org/award/describe/48082

この解説をみると、黒いパッケージに黒文字を重ねた理由は「圧倒的なキレ」らしいです。

酒屋さんで選ぶ際は黒背景に黒文字は「圧倒的なキレ」と覚えておくと、

日本酒選びが楽しくなりそうですね。

 

開封〜中身は大事な箱入り娘〜

気になる中身は…

碧海野パッケージ
碧海野パッケージ

中身の前に頑丈な構造を発見しました。

これは馬と騎士の絆のならぬ、日本酒の作り手と『碧海野』の深い物語を感じさせます。
作り手を離れても元気でやっていけるように、という思いが伝わります。

箱の奥には…

碧海野開封
碧海野開封してみた

なんと、人参色のマスキングテープが伏線だったかのようなデザイン。

華奢な首元にPOPのネックレスをつけています。

これまで、何人もの消費者を虜にしてきたかわかりません。

POPの中身ですが、

碧海野チラシ
碧海野チラシ

ネーミングの説明が入ります。

まるで、ロケットペンダントのような作り手の思いの強さを感じます。

これは、「作り手と日本酒の絆杯」では圧倒的な強さを見せつけてくれることでしょう。

また、持ち前のキレで、最終コーナーを一気にリードしそうです。

残るは直線コースです。

さて、このまま一気に押し込むのでしょうか。

しかしまだ桐箱の白馬も残っている状態です。

果たしてどのようなパッケージが現れるのでしょうか。

ここまでの実況は、外出自粛中にオススメの漫画募集中の牧野がお送り致しました。

次回の後半戦もお楽しみに〜

 

後半戦はコチラ

第1回手持ちの日本酒パッケージ選手権〜後半戦〜