ピーター・ドイグ展、ボンボンカヌーでのアクセス方法はこちら

ピーター・ドイグ展、ボンボンカヌーでのアクセス方法はこちら

企画展「ピーター・ドイグ展」の『ボンボン・ア・ラ・リキュール』のカヌーに乗りたい

 

日本初個展ピーター・ドイグ展が東京国立近代美術館にて開催中です。

美術館のグッズは尖ったものが多くて大好きです。

 

 

今回はピーター・ドイグ展に行った際、是非購入していただきたいおすすめお菓子『ボンボン・ア・ラ・リキュール』をご紹介いたします。

 

 

ピーター・ドイグ展はなんと、

6月1日に、期間延長が発表されました!

2020/6/14まででしたが、10/11まで開催中です。

 

 

ピーター・ドイグの作品は見たことがある景色を寄せ集めた、見たことがない景色とよく作品が例えられています。

 

夢に近いのではないか…

 

 

展覧会に行くと起きたまま眠れるのではないかと、チャクラなんかが開いて、普通の生活には戻れない大変なことが起きてしまうのではないか(ボッ…)と、「完全に妄想展」:脳内(2020/5/15-6/1)を開催し思いを馳せていましたが、ついに溢れる思いをWeb化しました。

 

 

イギリスが誇る「画家の中の画家」ピーター・ドイグが、日本初個展2020/2/26 – 10/11

 

詳しい説明は公式サイトをご覧ください。

 

 

ピーター・ドイグ(1959-)は、ロマンティックかつミステリアスな風景を描く画家です。今日、世界で最も重要なアーティストのひとりと言われています。

彼は、ゴーギャン、ゴッホ、マティス、ムンクといった近代画家の作品の構図やモチーフ、映画のワンシーンや広告グラフィック、自らが暮らしたカナダやトリニダード・トバゴの風景など、多様なイメージを組み合わせて絵画を制作してきました。

私たちが彼の作品に不思議と魅せられるのは、どこかで見たことのあるようなイメージを用いながらも、全く見たことのない世界を見せてくれるからだと言えるでしょう。

本展は、ピーター・ドイグの初期作から最新作までを紹介する待望の日本初個展です。絵画から広がる想像の旅へみなさんをお連れします。

https://www.momat.go.jp/am/exhibition/peterdoig/#section1-1

 

 

《ガストホーフ・ツァ・ムルデンタールシュペレ》2000-02年 シカゴ美術館蔵
《ガストホーフ・ツァ・ムルデンタールシュペレ》2000-02年 シカゴ美術館蔵

 

いかがでしょうか。

行きたくなりましたか?

行きたくなりましたよね?

 

 

では、今回こちらの展覧会に連れていってくれる、一艘の小舟をご紹介いたします。

 

 

ボンボン ア・ラ・リキュール

ピーター・ドイグ展限定 ボンボンア・ラ・リキュール
ピーター・ドイグ展限定 ボンボンア・ラ・リキュール

波の揺れを、曲線のデザイン、パッケージの切り口、しぶきの白と海面の青色で表現しています。

 

 

乗客として「ピーター・ドイグの生まれた地、スコットランドのお酒(クラフトジン)使ったボンボン ア・ラ・リキュールというお菓子御一行が舟に乗っています。

 

 

ボンボンア・ラ・リキュールをデザインしたMOE FURUYAさんのパッケージ紹介ツイート文章も詩的な説明で、作品の域です。

気になるお味はこちらのサイトをご覧ください。

http://cineca.si/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A4%E3%82%B0%E5%B1%95%E3%81%AE%E3%81%8A%E8%8F%93%E5%AD%90%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F/

 

素敵なサイトです。

 

 

オンライン販売の「ほぼ日曜日」では完売ですが、再販を密かに願っています。

ピーター・ドイグ展延長に伴い、再販もありえますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットという広大な情報の海は、現実では不可能なことも可能にする夢のような場所でもあります。

 

閉館中の美術館でも行くことも、完売した素敵なパッケージのお菓子を手にすることも、県を跨いだ移動もできるかもしれません。

 

 

それでは皆様、出航のご準備はよろしいでしょうか?

 

 

ピーター・ドイグ展のアクセスはこちらから

 

ボンボン・ア・ラ・リキュールに乗ってみた
ボンボン・ア・ラ・リキュールに乗ってみた

 

乗りました。

この顔は修正を10回ほど加えましたが、誰からも似ていると言われない私の顔です。

 

Windowsのペイントを使って書きました。

 

 

 

さらに宝舟も作りました。

ボンボン・ア・ラ・リキュールを宝舟にしてみた
ボンボン・ア・ラ・リキュールを宝舟にしてみた

 

到着しました、ピーター・ドイグ展です。

 

 

下記のサイトから会場を3DVRで観てまわることができます。

また、ニコニコ美術館でも配信中です。

https://peterdoig-2020.jp/

 

 

予告なく配信停止されることがあるようなので、お早めにご来館ください。

 

 

 

ここで小ネタですが、雑誌『美術手帖』のバックナンバーの一部が現在無料公開中です。

https://bijutsutecho.com/magazine/insight/21931

 

 

お帰りのカヌーのお供にどうぞ。